英会話教材 リッスントーク

menu

リッスントークは独学に適した英会話教材

15日目 リッスントーク国内編から海外編へ

英語の宿題の画像

突然ですが私、風邪をこじらせ休日はずっと寝込んでいました。
ずっとテンポよく1日1話、10分の学習を続けてきたというのに、何日か学習できない日が続いて落ち込んでいました。

今はだいぶ良くなり、学習を再開。
寝込んでいた間は「ここまで学習してこれをキッカケに学習を放棄しちゃったらどうしよう」なんて不安がよぎりましたが、
私、すっかり忘れていたんです。
「リッスントークは自分のペースで学習できる」ということを。
そう、数日学習できないなんてトラブルに見舞われても、リッスントークの教材は逃げません。
また自分のタイミングで学習を再開すればいいんです。

自分のペースで取り組む

1回の学習を短時間で終えることのできるリッスントークの手軽さが、私を救ってくれたのかもしれません。
思えば、こちらの教材で学習をを始める前はいろんなことを三日坊主で投げ出してきた私。
1日何時間も机に向かって学習、なんて学習方法だとまた明日、やっぱりまた明日と後回しにし続けていたかもしれません。

ハードルの低さって結構大事なのかも?と思いました。負担なくコツコツ続けられる。学習できなかった日があってもまた自分のタイミングとペースで再開できる。
学習内容もさることながら、いかに負担を減らしつつ、自分にとって無理のない方法で学習できるか。その点においてもリッスントークはいい仕事をしてくれています。
英語教材を選ぶにあたって大切なことっていろいろとあると思うけど、自分のペースで無理なく取り組める点もかなり大切なことなんですね。

私はたまたまリッスントークに巡り会いこうして学習をする機会を得ましたが、最終的に選んだのがこちらの教材で良かったと思いました。

国内編を終えるまでは1日10分のペースで続けていて、ちょうど海外編を終えた頃に何日か学習できなくなってしまったんです。
また学習を再開しようと思った時に、ふと、テキストにこのようなことが書かれていたことを思い出しました。
「日によって学習時間を変えるなどして無理なく学習していくことが大切」
やはり無理なく学習を続けていくことが大切なんですね。

辛い時は無理をしなくてもいいし、余裕のある時は学習時間を増やしてもいい。すっかりこのことを忘れていました。

体調も回復して大分余裕が出てきたので、寝込んでいた間の分を取り戻そうと海外編からは3話ずつ学習することに決めました。
1日3話だとしても10分×3で30分。手軽さは変わりません。
1日3話の学習を始めて2日経ちましたが、1日10分じゃなくて最初から30分でよかったかもなんて思うほどスムーズに学習を進められました。

忙しい日はまた10分や20分に戻してもいいかもしれません。
このあたりの融通が利くところがいいですね。毎日根を詰めて学習できる方も居ると思いますが、私はどうもそれは苦手なので(ギブアップしちゃうと思います)、自分のペースでコツコツ学習できるリッスントークさんが私には合っていると感じました。

新展開にドキドキ

さて、いよいよ海外編に突入して新展開にわくわくしています。
CDの色も変わり、テキストも国内編とは別の新しいテキスト。新学期が始まる時のような懐かしさと新鮮さを感じつつ心機一転、海外編に取り組んでいます。
海外編は現時点では6話まで進めているので今回は海外編6話までの感想を書いていきますね。

海外編は実際に旅行に行った時に役立ちそうなフレーズが多く、より実用的だとい感じました。
中には、あの時こんな風に言えばよかったのか!なんて思うフレーズもあって、次はこんな風に言えば通じるんだとリベンジに燃えています。
海外編のテキストを海外旅行の際に持っていけば役立ちそう、と思えるほど内容が充実していて私が期待していた以上のクオリティでした。

正直、国内編が終わって海外編に突入した後に飽きてしまって学習意欲がなくなってしまったらどうしよう、と思っていました。
でもその辺のちゃんと考えて制作された英語教材なんですね。海外編に突入したら新展開で胸が踊り、続きが気になる。
しかも元々興味関心のある海外での話が続くわけですから、そりゃより一層引き込まれたりもしますよね。

あとは、国内編の時からこれをしていればよかった!なんて思うほどの個人的な大発見がありました。
それは、「スピーキング特化練習の時、一時停止や早戻しをして何度も発音の練習をしてもいいんだ」ということ。
このことに意外と私、気が付かなくて。もうちょっと練習したかったなぁなんて思いつついつも学習を終えていたのですが、納得いくまで発音の練習、してもいいんですよね。

私にとってリッスントークとは

こんな例え方をしてもいいのかわからないけど、リッスントークはジーンズや革製品のようだと感じました。
使えば使うほどよく馴染んでいくし、自分のライフスタイルやその時の気分に合わせて自由に使いこなすことができる。
こうしなきゃいけない!なんて堅苦しいルールはなく、生活の一部に無理なく溶け込んでいく。

今まで英語学習というと物凄くハードルの高い大変な学習、というイメージがあり、ついつい学習を後回しにしてきました。
当然の話ですが、学習を始めなければ何も始まりません。

リッスントークの手軽さが私に英語学習の機会を与えてくれて、数日寝込んで学習ができなくなるトラブルもありましたがそれも乗り越えつつ、ユルッとまったりと今日もこうして続けています。
以前の私のように、数多くある英語学習教材の中からどれを選ぼうか迷っている方の参考になれば嬉しいです。
まだもう少しあるので、最後まで学習をして、ブログも最後まで書こうと思います。
引き続き応援よろしくお願いします。

関連記事

英会話を独学するならこの教材