英会話教材 リッスントーク

menu

リッスントークは独学に適した英会話教材

17日目 リッスントーク海外編

リッスントーク教材テキスト

先程、海外編を終えました。
これで国内編と海外編共に学習を終えたことになります。
最後の方は登場人物がいい雰囲気になってドラマの最終回としても満足&感動。
これまでコツコツと続けてきたことに区切りがついたこともあり、学習を全て終えた瞬間は気持ちよかったです。

いつも通りの生活を続けながらこうして最後まで学習できたこと。実は自分が一番驚いています。

学習前は発音に自信がなく、英文法も不得意でした。
英文法を理解するために勉強しよう!なんて思っても、なかなか上手く行かない。そんな日々が続いていました。

学習後の英語力

それから、実は…リッスントークを始める前は、正直不安もありました。また、理解できなかったらどうしよう。また自分には合っていない教材を選んでしまったら。
でも結果、こちらの教材を選んでみて良かったです。

学習開始前に比べて変わったことがいくつかあります。
以下は個人的な感想、個人的なレポートです。

リスニング力はもちろん、スピーキング力が上がった!という実感があります。
当初はあまり期待していなかった「文法の理解」も進んだことが個人的に大きな収穫でした。

さらに、文を読む能力が上がることに関しても全く期待はしていなかったのですが、何故かSNSなどに外国人が書いている英文を、難しいスラング的な表現以外ならほぼ理解しながら読めるようになりました。
学習前に比べ読むスピードも上がったように思えます。
なんでだろう?と考えてみたところ、リッスントークの区切り文和訳でいろんな表現や使い方、ニュアンスなどを吸収したのが良かったのかも?と思いました。
是非今度は外国人との生の会話で実力を試してみたいと思います。

自分に合った学習方法を選ぶということ

過去にアメリカに住もうとして挫折した私ですが、そもそも渡米前に日本でしっかりと学習をしなかったことも挫折の要因のうちの1つだったと思います。
私よりもグングン英語力を伸ばし流暢な英語を話していた留学生がいました。彼女は、母国で英語をしっかりと学んでからアメリカに来たそうです。
その時、しまった、自分は順序を間違えてしまった。と思ったんです。

その時の自分に会えるのなら是非ともリッスントークの教材を手渡したいところなのですが…あの後私はどうにもこうにも英語力を伸ばせなくなり挫折して日本に戻ってしまいます。

そんな苦い経験もあり、英語学習とアメリカで生活する夢を諦めかけていました。
どうせアメリカには戻れっこない…結構鬱になっていました。
でも今は割と前向きです。
自分に合った学習方法を選べば少しずつでも英語力は伸びる。恥ずかしながら、今回の学習を始めるまではそのことに気が付きませんでした。

これから先、いい方向へ進んでいくための第一歩、いや、百歩くらいをリッスントークと一緒に歩めたんじゃないかという手応えがあります。
いい方向とはもちろん、アメリカで働き生活することです。そして今独り身なので、リッスントークのストーリーのような展開に私もなりたい!なんて思います。海外で恋愛、したことないんですよね。

リッスントークの学習パターン

話は変わりますが、先程、学習を終えてから改めて国内編のテキストのストーリーが始まる前の説明書きを読み返しました。

・パターン1…1日20分の学習
初めの2日は「リスニング特化トレーニング」に集中
つぎの2日は「スピーキング特化トレーニング」に集中
これで8割程度まで仕上げて、つぎの話題に移る
4~5話題終了したら3日間かけて復習を行い完成度を9割にまで高めて次の話題に移る
かんせいどがほぼ100%になるまで繰り返す

・パターン2…1日20分×2回の学習
10分ずつ細かく分割したり日によって学習時間を変えてもOK

…と、簡単に書くとこのような記載がありました。

私は無意識のうちにパターン2の、細かく分割したり学習時間を変えたりする方法で学習していました。
でも結果的には無理なく学習を進めることが出来たので今回はパターン2の学習方法で良かったと思います。
もう一度学び直すのなら、今度はパターン1の学習方法を試してみたいです。(ちょっと興味があります)

私のような学習方法でもこうして成果が出ているので、パターン1はもちろんパターン2での学習もおすすめです。
無理なく僅かな時間で学習を進めたい方は私のような学習方法もアリかもしれませんよ。

それぞれのライフスタイルに合った学習方法で学習できるという点が良いですね。

さて、次の記事でレビューを終える予定です。
あっという間だったけど、一回の学習時間は短かったけど、学習を始めてから終えるまでの間はとても濃い日々を過ごした気がします。充実していました。
今回の学習の総まとめをしようと思うので、あと一回だけ、書かせて下さいね。

 

関連記事

英会話を独学するならこの教材