英会話教材 リッスントーク

menu

リッスントークは独学に適した英会話教材

3日目で早くも手応え? リッスントーク国内編

英語のテキストの画像

リッスントークを始めてから3日が経ちました。
単語の発音が最初はぎこちなかったのが少しだけスムーズになったような気がします。少しずつジワジワと舌がほぐれていく感覚。3日目でこの手応えなら、文句はありません。

驚いたのが、今まで正しく理解していなかった単語が結構あったこと。
文法や発音を磨くだけではなく、単語のボキャブラリーを増やすことにも期待できそうです。
ナチュラルスピード(この時点では聞き取れない部分もあるけれど)→スロー(ここでひとつひとつの発音を確認できる)→ナチュラルスピード(聞き取れるようになる)
このステップにかなり助けられました。
最初はなんでまた最後にナチュラルスピード?と思ったのですが、ちゃんと意味があるんですね。

超スロースピードの英語で発音をしっかりとつかみつつ、ナチュラルスピードの英語でネイティブのような自然さを目指せる。
よく考えたらこれってとても大切なことですよね?
独学で学んでいたら発音の確認や練習を疎かにしていたかもしれません。

それから、声の抑揚、アクセントも臨場感たっぷりで、「そうそう!たしかにこんな感じで話してた!」と頷けるほどでした。
日本に居ながらにしてリアルなネイティブの英語に触れられるのは嬉しいですね。とくに、ネイティブと自然に会話できることが目的の私にはちょうど良い教材でした。これは、「アリ」かもしれません。

英会話教室との違い

しかもこちらの教材の良い所を早くももうひとつ発見しちゃいました。
生身の人間と違って緊張しない。…これです。
私、実は少しシャイな所があって、昔英会話教室に通っていた時に外国人講師を前にして毎回緊張してしまってイマイチリラックスできなかったんですよね。
あがり症な人や、いきなり生身の人間を相手に話すのには抵抗がある!なんて人には最適なのかも、と思いました。
まずはこういった学習方法で英語に慣れていき、度胸をつけるのもアリだと思います。

英会話教室だと時間に間に合わなくて欠席……なんてこともありますが、仕事で帰る時間が遅くなった日もリッスントークなら時間の縛りもなく、いつでも学習できます。
今日はお風呂を済ませ、パジャマに着替え、頭にカーラーを巻き、凄い姿で学習しました。

空き時間を利用し、自分の都合の良い時にどこでもどんな姿でも学習できる。
ストレスも感じないし気軽に取り組めるし、この方法なら、挫折せずに続けられるかも??
期待大です。
継続してみます!
また感想などを書くつもりです。応援よろしくお願いします。

関連記事

英会話を独学するならこの教材