英会話教材 リッスントーク

menu

リッスントークは独学に適した英会話教材

1週間続けた感想 リッスントーク国内編

英語で会話する画像

お久しぶりです。
学習開始から1週間が経過しました。
1週間の総まとめをしようと思います。

【発音 】綺麗になったと思います。とくに1日目と比べると違いがわかるほどです。
【リスニング】だいぶ耳が慣れてきました。
【文法や単語の理解 】机に向かって何時間も勉強しているわけではないのですが、その割には文法や単語の理解が少しずつではありますが進んでいると思います。
【難易度】個人的には難しくて続かない~!なんてギブアップするほどではなく難易度としてはちょうど良かったです。
【CDの聴きやすさ】良かったです!男性の声も女性の声も聴いていて癒される声で学習が苦ではありませんでした。海外生活の経験がある私が聞いても綺麗な発音だと感じました。

総合的に見てもかなり良かったです。
1日10分ほど、1週間の現時点でこの手応え。順調だと思います。

以上が簡単なまとめ。これから本題に入ります。
ちょっと日記的な要素もありますが…。

しんどい時でも無理なく取り組める

今日はバイトが忙しくて、家に帰る頃にはクタクタでした。おまけに嫌なこともあったりして、実は結構落ち込んでました。
嫌なことがあると何もしたくなくなって勉強も後回しにしてしまうタイプなんですよね。でも、今日も不思議と学習できちゃいました。

短時間でサクッと終わるのがいいのかも?気合い入れて勉強だー!なんて覚悟を決めて机に向かわなくてもいい。これ、地味に助かります。

最初は緊張しながらの学習でしたが今日ぐらいから肩の力が抜け、リラックスした状態で取り組めるようになりました。
1日何時間も机に向かって勉強!という学習方法だとこのようなリラックス感は味わえなかったと思います。
もしかして英語が苦手なのではなく、今までの学習方法が合っていなかったのかも?と感じました。

学生の時は学習塾に通っていたのですが、行きも帰りもクタクタ。学校が終わったあとに行くので当然といえば当然ですよね。
それを思い出しながら、空き時間にサクッと学べることがどれだけ効率的で心や体にも優しいことなのかを実感。そんな1日でした。

自信に繋がりそうな予感

総まとめの方にもチラッと書きましたが、文をリピートする時の自分の発音が学習前よりも綺麗になったのが嬉しかったです。ひとつひとつの発音が綺麗になっただけではなく、つかえずにスラスラ言えるようになったのが嬉しくて、昨日ぐらいからかなり楽しみながら取り組んでいます。
スラスラ言えることがこんなにも気持ちが良いなんて。気分爽快!です。
本を読み文法を勉強するだけではこういった変化は見られなかったと思います。

さらに、海外の知人に久しぶりにメッセージを送ることができました。
英語でコミュニケーションをとってみよう!という勇気がわいてきたのです。
英語に慣れることで積極的になれることは予想外でした。英文はまだ不完全ではあったと思いますが、書いてみよう、話してみよう、という気になれたことが些細なことのようで自分にとっては大きな変化でした。

そしてその後、海外の知人から音声通話の着信があってびっくり。
音声通話しようよ!なんて流れになるのはその知人と私の間では珍しいことで、テンションが上がりました。
英語力は現時点ではまだネイティブ並みとはいきませんが、いつもよりもスムーズに意思疎通ができた気がします。

結局挫折して日本に戻ってきた私ですが、そういえば海外生活で辛かったのは「流暢に話せなかったこと」でした。
ネイティブに自分の不完全な英語を聞かれるのが嫌で恥ずかしくて話すのが嫌だったんです。そうやってついには人と話すことすら避けてしまって…。
自分の殻に閉じこもり、自分の成長を自ら妨げていました。

リッスントークなら緊張する必要はありませんし、恥ずかしがらずに堂々と学ぶことが出来、ヒアリングはもちろんスピーキングの練習もできるので自分の殻を打ち破るキッカケ作りにも一役買ってくれると感じました。
と同時に、自信をつけることが英語力の向上と同じくらい大切なことなのかも。と気がつきました。
ここまで学習してきて気がついたことがあります。それは、ネイティブが実際に使うリアルな表現が文に盛り込まれているということ。
「自然な英語」が身につくように作られているのだなぁと感じました。

リアルな英語

例えば、参考書などでよく「携帯(スマホ)は英語でモバイルフォン」なんて表現を目にしますが、実際にアメリカに行ってよく聞くフレーズは「セルフォン」。
リッスントークさんではちゃんとセルフォン、という表現が出てきて、さすが臨場感があるなぁと感心しました。この辺かなり評価できますね。

それから昔、外国人から「I LOVE YOUは日本語で私はあなたを愛しています、なんだよね!?」なんて聞かれたことがあったんです。でも日本人の私からすると「いや、そんなにきっちり説明的に言わないよ~愛してる!だよ~」なんて思ったり。
それって、英語にも言えることなんですよね、きっと。
英語にも「自然な生き生きとした表現」とうものがある。

リッスントークの良さのうちのひとつは、まさにその「生きた英語」を習得させてくれるところにあるのではないか、と感じました。
私は海外で生活することが目標なので、自然な英語を身につけさせてもらえるのは有難いです。

テキスト内で「ここは省略する場合があります」「直訳はこうだけどこういう表現の方がつかわれるよ」とリアルな英語の表現のポイントを押さえてくれているところも嬉しいです。ストーリー(CD)の会話も自然な会話なのでそれもあって海外ドラマを見ているかのようなワクワク感があるのかもしれません。
最終目標は海外で、できればアメリカで生活することなので、このままリッスントークさんと一緒に前進していこうと思います。
まだまだ、続きます。続けますよ!やる気を継続できるって何気にいいことだなぁなんて思いました。

また感想や成果などを書きに来ますね。引き続き応援よろしくおねがいします。

関連記事

英会話を独学するならこの教材