英会話教材 リッスントーク

menu

リッスントークは独学に適した英会話教材

リッスントークでの学習を終え、今感じること。

リッスントーク教材CD

こうして、学習後の感想を書いているのが嘘みたいです。
というのも、私は何事も三日坊主で終わらせてしまう性格で。その私が英語教材で学習を続け、こうして学習を終え感想まで書いている。
これって自分にとっては凄いことだったりします。

そもそも、なんで今回は最後まで続いたのだろう?
いくつか思い当たる点があったので、書いてみますね。

聞いて学習するタイプの教材を選んで正解

まず、「勉強するぞ!」なんて気合を入れすぎることなく、リラックスした状態で、軽い気持ちで取り組むことができたこと。
これが大きいと思います。
聞いて学習するタイプの英語教材なら、「今日も聞いてみるか」なんて軽いノリで取り組めます。
「あーあ、英語の勉強しなきゃ。ダルいなぁ」なんて億劫な気持ちになりにくい。
そこが良かったのだと思います。

リッスントークを選んだこと

聞いて覚えるタイプの教材はリッスントーク以外にもあります。
学習前にリサーチをして少し目移りしてしまったのですが、一番自分の理想に近かったリッスントークを選びました。
結果、リッスントークの学習法が私にはよく合っていて、途中で飽きたり諦めたリすることなく最後まで学習できました。

スロー再生と区切り文和訳とテキストのクオリティ

リッスントークの特徴とも言えるこの三つの特徴。
まずスロー再生。スロー再生と言っても、英文の速度を機械で加工して無理やりスローにしているわけではありません。スローの部分はちゃんと「ゆっくりと発音がわかるように」丁寧に話してくれるんです。レコーディング、大変だったのではないかと思います。
このスローの部分でやっと発音を理解できた!なんてことも多くて、毎回ありがたく聞きながら発音の練習をしていました。

そして区切り文和訳。もちろん文全体の和訳もしてくれるのですが、リッスントークは文をさらに細かく区切ってそこも和訳してくれるんです。この部分もレコーディング頑張ったなぁ、と感心してしまいました。
文全体を聞いても理解できなかったことが多々ありました。でも、区切り文ごとの意味を理解してから全体の文を読むと、スムーズに全体の意味も理解することができました。
しかも区切り文の訳は応用可能なので、自分の言葉で話す時にも参考になります。
本当に英語を話したい!という人に寄り添って作られた教材なのだな。と感じました。

テキストには期待していなかった私ですが、テキストのクオリティの高さにびっくり。
え?CDがメインでテキストはおまけなんじゃないの?あれ?めっちゃ内容濃いし丁寧に解説されてる!と、心の中で大はしゃぎ。開封した時に感じたあの気持ち、今でも忘れません。

臨場感とリアリティ

いくら学習しやすい良い教材でも、リアリティに欠けていたらテンションが下がってしまいます。
しかしリッスントークは、「生きた英語」だと感じられる、海外で違和感なく使える表現が多かったので楽しく学習を続けられました。
かしこまった表現はもちろん、ちょっとくだけた表現もあるので、実際に外国人との会話で使ってみたい!と思わせてくれます。
学習して終わり、ではなく、実際に話してみたい!と思わせてくれる。学習完了がゴールではない私にはピッタリの教材でした。

ドラマ仕立てでわくわく

意外だったのが、ちゃんとストーリー性があるということ。
ちゃんと話が連続しているので、連ドラ的な要素があり、学習意欲の継続に一役買ってくれました。
続きが気になるので、学習が「辛いもの」ではなく「楽しみなもの」に変わる。
ストーリーに手を抜かなかったリッスントークさん。さすがです。
男女が少しずつ仲良くなっていく展開っていいですよね。最後はちょっとニヤッとしちゃいました。

短期間で終わる

もしこの学習が一年くらいかけて、それも一日一時間以上かけてするものだったら私、挫折していたかもしれません。
ゴールがすぐ目の前に見えているからこそ、やる気が持続したのだと思います。
一日の学習時間も最低10分(一話)からという手軽さ。とりあえずやってみよう!という気持ちで最後まで続けることができました。

自分のペースでいいんだよ!

これ、本当に助かりました。具合が悪い時とか、急に忙しくなったりだとか、学習する時間を十分に確保できない時ってあるんですよね。
でもリッスントークのテキストに書いてあったんです。自分のペースで進めてもいいんですよ、と、このようなことを。
実際、学習時間を自分で調節することができて、無理のない学習を続けることができました。

お金を出して買った教材だからこそ

無料の英語学習サイトやアプリなどを試したこともありました。でも続かなかったんです。
思えば、リッスントークは私の予算内ではあったもののタダではありません。
でもタダではないからこそ、この教材を無駄にしたくないという思いで続けられたのかも。なんて思いました。
学習を終えてみて感じたことは、ちゃんと考えられて手をかけられて作られた教材なのだということ。
英語を習得させようという熱意がこの教材からは伝わってきました。
それなりの値段の服って質や仕立てがいいし長持ちするんですよね。だからちょっと奮発して買っても満足できる。
リッスントークも、購入後後悔することはありませんでした。

なんで続いたのかな?なんでストレスなく学習できたのかな?と思い少しだけその理由を考えながら書くつもりが、予想以上にたくさんの理由があり驚きました。

さて、レビュー記事はこれを最後にさせて頂きますが、リッスントークの教材は一度学習を終えたら不必要…にはならないんです。
また一から始めるもよし、好きな部分を再度学習してもよし。
繰り返し聞くことでさらに英語力を高められると思います。
私はテキストを眺めながらの学習だったのですが、テキストは読まずに聞き流すだけの学習方法に変えてもう一度聞いてみるのもアリかな。なんて思いました。
こんなに短期間で終わったのだから、もう一度学習しても苦にはならない。一度学習をした私にはわかります。
今まで音楽を聴いていた時間をリッスントークに変えてみるのもいいかも!なんて案も浮かびました。

私とは反対に、聞き流すだけの学習→まだやる気があれば今度はテキストと一緒に再学習、なんて学習法も良いかもしれません。

英語学習をするにあたって大切なこと。
学習意欲の継続、正しい発音、文法の理解、ヒアリング力、実際に英語で会話をする勇気を持つこと。
いろいろと思い浮かびましたが、案外こんなことも大切なのかもしれません。

無理なく自分のペースでリラックスして取り組むこと

全てリッスントークさんがカバーしてくれていると感じたことで、リッスントークで英語学習をしてみて気づいたことでもあります。
長々と書いてしまいましたがまとめると、想像以上に良くて学習しやすくて手応えも感じられたので良かったです。
とくに短期間で、無理なく続けていきたいな、なんて思っている方にはオススメの教材です。
リッスントークさんは公式サイトにてサンプルの音声を聞くことができたのも、今回お取り寄せを決めた理由のうちの一つでした。
まずはサンプルを聞いてから決めても良いと思います。

今まで学習をしながらブログを書いてきましたが、過去の自分の失敗を振り返りつつ、自分の日々の成長も感じることができてとても充実した日々を送ることができました。
次にブログを書く時は、アメリカから英文で書いている…それが妄想ではなく現実になるのではないかという期待で溢れています。

英語力の向上をサポートしてくれたリッスントークさん。
ちょっと前向きにもさせてくれた気がします。

この辺で、リッスントークのレビューを終えたいと思います。
購読して頂いた方、応援して頂いた方、ありがとうございました。

関連記事

英会話を独学するならこの教材